web拍手 by FC2 「本(精神・幸福論)」に関するページです。《本紹介》ガンとたたかった十年間 死を見つめる心 のページ " />
FC2ブログ

健康マニア頑張りの軌跡

冷えに弱い30代の男による「Road to 健康体」頑張りの軌跡です。
健康マニア頑張りの軌跡 TOP  >  本(精神・幸福論) >  《本紹介》ガンとたたかった十年間 死を見つめる心

《本紹介》ガンとたたかった十年間 死を見つめる心

余命宣告を受けた著者(岸本英夫氏)が、ガンによる宣告を受けてからの心境や死生観について、丁寧に詳しく綴ってあります。薄っぺらい死生観ではなく、実体験を基にしたリアルで具体的な死生観は強烈な内容となっています。
また、宗教文化の大学教授だったというだけあって、宗教と死の関連についても考察がなされています。
著者は1964年1月に逝去されていますのでとても古い本ですが、これらのテーマについては現代でも人の興味を満たすには十分な内容だと思います。

ラジオで放送されたり、雑誌に掲載されたりしたものを寄せ集めて構成されていますので、重複するような内容も多々ありますが、内容自体とても深く難しいので、重複していることがかえって理解を助けてくれたように思えました。

面白かった内容をいくつかピックアップします。

・人は必ず死ぬ
「現代人は、生に自信を持ちすぎている。これは生活水準が向上するなどによって、死が身近なものではなくなり、どうしても縁遠いものであると考えてしまうのではないか」と書かれています。
当たり前のことですが、まさか自分が明日余命宣告を受けるなんてことは考え難く、確かに自分ごととして捉えられないのも理解できます。

・死ぬとどうなるのか
「人間にとって何より恐ろしいのは、死によって今持っている「この自分」の意識がなくなってしまうことである。また、実際死に直面すると、死後の生命の存続を、あるいは来世を信じたくなる」とのことです。
自分という意識がなくなってしまうことは確かに恐ろしいです。子供の頃には、寝ると意識がなくなるのでとても恐かったのを覚えています。何故か最近では自分の意識がなくなることをリアルにイメージするのすら難しいくらいになってしまっていますが、とても恐怖に思います。
そして天国や地獄、来世への生まれ変わりを信じるということは、死に直面した人にとって心の拠り所となるというのは目からウロコでした。
昔々、病や災害などによって死が日常とそう遠くなかった頃に、心の拠り所として死後の世界が創り出され、宗教として確立されたのかもしれません。

・幸福とは何か
「人の幸福は複雑なもので、富や地位・名誉も幸福の要素であるが、それだけでは傷つきやすい幸福である。死に直面した時に壊れやすいからである。
しかし、そこに生き甲斐という要素が加わると、強いものとなる。
つまり、武士が戦場で命を捨てることが名誉であるように、仕事場で死ぬことができれば、その人は幸福なのである。」
正直、日和った僕なんかはお金が幸福に影響しないと信じたかったのですが、最近それは難しいとの理解に至ったばかりの僕にとっては、考えさせられる内容でした。
今では「人の幸福にはお金は重要な要素であるんだけれども、そのお金を稼ぐことだけに必死になっては幸福にはなれない。」と考えています。

・余命宣告を受けた後の生活
もし自分が余命宣告を受けたら、仕事なんか辞めて、家族と思い出の地を旅しつつゆっくりと静養するのかなあと何となく考えていました。
ところが、著者はがむしゃらに働くということを選んでいます。こうすることで、死の悩みを忘れることができ、また、働くことで日々充実した生活を送っていると実感し、人事を尽くしているという満足感が得られたと書かれています。
これを読んだ後によくよく考えたら、ゆっくり静養というのは選ばない気がします。余命半年と宣告されたけれど実際には数年は生き延びるなんてことは珍しくないし、仕事を辞めて長生きしてしまったら、生活はどうなるか分からないからです。
また、静養することも良いのですが、自分が死んだ後に残された家族にお金を残すことも考えないとダメだと思います。
なので、結局は仕事は辞めないだろうと思うのです。そうなった時に、迫り来る死に対して、1日1日を充実させたいという思いに応えるために、がむしゃらに働くという著者の選択は悲しくも素晴らしい手段に思えました。

全ての人にオススメできますが、特に宗教本の死生観があまり納得できない方にはオススメします。

ガンとたたかった十年間 死を見つめる心
オススメ度★★★★★



\uc0\u24525 \u32773 AdMax

にほんブログ村 健康ブログへ
QLOOKアクセス解析
[ 2015年03月08日 06:08 ] カテゴリ:本(精神・幸福論) | TB(0) | CM(2)
 こんばんは、初めてコメントします。

 私は癌宣告を受け、手術しましたが取りきれず、再手術を勧められましたが、拒否。今に至っています。
 
 ってことで目が覚めて、今まで寝ていたみたいです。

 私に判ったのは、「人間は誰でも必ず死ぬ」と言うことだけです。他のことは判りません。

 アハハ…すみません、訳判らんこと言って。
[ 2015/03/08 21:25 ] [ 編集 ]
Re:
ひねくれくうみんさん、コメントありがとうございます。

それは辛い夢ですね…。

自分も必ず死ぬと思うと、普段の生活でこだわっていることでもどうでも良く思えるよう気がします。でも、死に向けて準備と言われても、何をして良いか分からないので困ります(>_<)
[ 2015/03/08 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

健康マニア

Author:健康マニア
寒さに弱い30代の男です。

冷えると下痢や食欲不振などの症状に悩まされます…。

寒さ対策に良いという噂を聞きつけては試していますので、それが自分に合っているか?という自分勝手な視点で紹介しています。

夏は症状が緩和されるので、大好きなカレー屋さんの紹介が多くなりますが…。

ビクラムヨガもやってます。

一部の商品には、オススメ度を設定してます。
その基準は以下の通りです。
オススメ度
5: ★★★★★
使い切ったらすぐに買い直す
4: ★★★★☆
使い切ったら多分買い直す
3: ★★★☆☆
使い切って必要に迫られたらとりあえず買い直す
2: ★★☆☆☆
使い切っても買い直さない
1: ★☆☆☆☆
使い切るどころか使ってない

あくまで、個人の感想です!

スポンサードリンク


mytaste.jp
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR