web拍手 by FC2 「スポンサー広告」に関するページです。 web拍手 by FC2 「本(その他)」に関するページです。《本紹介》40歳の教科書 親が子どものためにできること のページ " />
FC2ブログ

健康マニア頑張りの軌跡

冷えに弱い30代の男による「Road to 健康体」頑張りの軌跡です。
健康マニア頑張りの軌跡 TOP  >  スポンサー広告 >  本(その他) >  《本紹介》40歳の教科書 親が子どものためにできること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

《本紹介》40歳の教科書 親が子どものためにできること

子育てや教育に関する理論が書かれた本です。
以下のようなテーマに対して、学者や元校長、タレントや会社社長等の有識者かどうかは分かりませんが、肩書きを持った人たち(計14人)が各自の子育て・教育論を述べています。

1時限目:英語はいつから学び始めるべきか
2時限目:中高一貫校は幸せへのプラチナチケットか
3時限目:「お金」と「仕事」をどう教えるか
4時限目:挫折や失敗をした子どもにどう接するか


どのテーマも子育てや教育をする人なら誰もが悩む内容ではないでしょうか。
特に1時限目の「英語はいつから学び始めるべきか」については、僕の周りも多くの人が小さいころから英会話に通わせている実態を見ていましたし、やらないよりはやった方が良いだろうくらいにしか考えていませんでしたが、本書の理論を読むんで納得させられました。

また、昔から「可愛い子供には旅をさせろ」というし、親もそれを理解していると思います。それにもかかわらず、昔と比べると、最近は過保護がひどいですよね。お金がないことで子どもに不自由をさせたくないなんてことを言う親もよく見かけますが、最低限の生活ができれば、あとはお金があるかないかではなくて、ない時に子どもがどう感じるかが重要なんじゃないかなあと思います。
そんなお金や仕事等についても何を子どもに伝えるべきかが書かれています。

40歳の教科書というのは、40歳くらいなら多くの人が子育てしているだろうというものじゃないかと思います。
それぞれの理論には極端なものもありますが、視野を広げるという意味では、一読の価値があります。

"ドラゴン桜公式副読本"と書いていますので、ドラゴン桜が好きな人にも良いと思います。

40歳の教科書 親が子どものためにできること
オススメ度★★★★☆



\uc0\u24525 \u32773 AdMax

にほんブログ村 健康ブログへ

QLOOKアクセス解析
[ 2015年08月16日 07:43 ] カテゴリ:本(その他) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

健康マニア

Author:健康マニア
寒さに弱い30代の男です。

冷えると下痢や食欲不振などの症状に悩まされます…。

寒さ対策に良いという噂を聞きつけては試していますので、それが自分に合っているか?という自分勝手な視点で紹介しています。

夏は症状が緩和されるので、大好きなカレー屋さんの紹介が多くなりますが…。

ビクラムヨガもやってます。

一部の商品には、オススメ度を設定してます。
その基準は以下の通りです。
オススメ度
5: ★★★★★
使い切ったらすぐに買い直す
4: ★★★★☆
使い切ったら多分買い直す
3: ★★★☆☆
使い切って必要に迫られたらとりあえず買い直す
2: ★★☆☆☆
使い切っても買い直さない
1: ★☆☆☆☆
使い切るどころか使ってない

あくまで、個人の感想です!

スポンサードリンク


mytaste.jp
訪問者数
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。